※ お断り : 本ブログには、社会通念に照らし極めて不穏当な表現・要素が含まれています。 退場する

<< 2020年08月10日のつぶやき | main | 2020年08月20日のつぶやき >>
日本医療最後の暗部に光を求めて

8月9~10日の一連のツイートを一件にまとめる。
////////////////////////////////////////////////////
#精神保健福祉法の闇
在院1年以上の患者の5人に一人は、その退院理由が「死亡」である。

出典: 厚生労働省 H.26.3.28「長期入院精神障害者をめぐる現状」P.3

この法律は、患者を精神病院に隔離してしまえば、死ぬまでシャバに出ることを許さなくてもよいという決定権を、精神科医に与えている。

 

刑事法学の大谷實博士の著書「精神保健福祉法講義」第3版には、「いったん同意によって入院した者が退院を申し出た場合でも,医療上患者の利益となる場合には,同意を得ることなく入院を強制することができるのである。この場合は,任意入院ではなく強制入院である。」と…。

出典: 大谷實著「精神保健福祉法講義」第3版 P.72

 

患者を閉鎖病棟に隔離し続けることが本当に「患者の利益」となるのだろうか?
しかし、少なくとも「病院側の利益」になることだけは確かである。
日本医師会の故武見太郎元会長が、「精神病院は牧畜業者」と批難した理由がここにある。

 

人口10万人当たりの精神科病院の入院患者は170名。うち35名が20年以上も入院しているという。
人口1億2千万とすれば、実に4万人以上もの人々が20年以上もの長期間にわたって、精神病院に隔離され続けていることになる。

 

出典:『保健医療科学』第53巻  第1号 (2004年3月)

日本の精神保健と福祉の課題と展望

日本医療最後の暗部に光を求めて
(8頁右欄7行目〜9頁左欄3行目)

 

新型コロナの感染防止のための、2週間の隔離等々は「人権侵害」。
20年以上にも及ぶ強制隔離、事実上の終身刑は、「患者の利益」。
これを「人権侵害だ!」「憲法違反だ!」とした原告の主張を、裁判所はどう評価するのか。
10月15日の判決に「日本医療最後の暗部に光を求めて」…
////////////////////////////////////////////////////

| 法廷闘争・訴訟編 | 13:20 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする