※ お断り : 本ブログには、社会通念に照らし極めて不穏当な表現・要素が含まれています。 退場する

<< 2013年10月14日のつぶやき | main | 2013年10月15日のつぶやき >>
我が祖国ニホンは、性善の国か、性悪(しょうわる)な国か?
日々所用に忙殺され、生存(起床)報告しかしていなかったけど、久々のツィートに加筆して自身の考えを整理してみる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ほんまは、国家性無記説(性白紙説)のもと、国家行政の善悪を判断するのが理想なんやろうけど、各々の事象の善悪を的確に判断するんは、凡人には難儀なことなんやなぁ。
ほんで、性善説(または「性悪説」)をもとに、その事象が性(さが)を忘れた悪(または「性に逆らった善」)かどうかと判断するんが簡単やと誰でも考えますな。

ワテらの国ニホンは、性善の国か、性悪(しょうわる)な国か?

おぉ、こらエエわ、簡単やわ…ってなもんですがな。

そうなると、その人が、純粋であればあるほど、最初に接した説に大きく影響されますわな。
つまり、無垢なお年頃に始めて接する説によって、右に寄れるか、左に巻かれるかの境目となりますんや。

そやから、国家最優先の課題が公教育ということになるんやろうけど、どこぞの独裁国家ならいざ知らず、ワテらの国ニホンは、その公教育を国の自由にはできまへんし、させまへん。
それが、エエことかワルイことかには、議論の余地はありまへん。日本国憲法の精神にのっとって制定された法律(教育基本法・教育中立法等)がそれを許さへんからね。

そやけど、少なくとも、今のニホンは、その公教育が左に巻かれ過ぎていると感じているのは、ワテひとりやおまへんやろ?
そやからこそ、ニホンの親御さん達は、公教育に頼らず、我が子をしっかり教育せななりまへんのや。(※1)


それにしても、今の世の中は、右に寄れるにせよ、左に巻かれるにせよ、(マスコミの煽動もあるけど)偏り過ぎる傾向にあるんやと思いますわ。

極右は国家(絶対的)性善説のもとに、国家神格化を絶対的なものとしたがり、
極左は国家(絶対的)性悪説のもとに、絶対的反日思想を育もうとする…。

しかし、かつて、公安が極左と認める集会に参じ、その依頼にて善意で提報したあげくに、その相手(国家公安)に、病院送りにまでされたワテの稀有な経験すらをも昇華してこその思いとは…
『日本人としてニホンに生まれながら、移住して国籍の離脱(※2)もせず、その祖国を性悪(しょうわる)な国家と断じ、罵りながら生きて行くのは、あまりに空虚なことやないかと思てます。
日本人としてニホンに生まれたからには、その祖国を性善説のもとに成立した国と信じ、素晴しき文化と奇跡の民(※3)が住む国であることに誇りを持って暮らしたい。
もちろん、悪政あればそれを悪だと断じ、嘆き悲しみ憂い、時に怒りを発し、国家国民、子々孫々の繁栄と幸福を願いつつ、笑って死んでいける民であれれば…』と。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※1
ワテには子供がおまへんから、おこがましい意見だと思てます。けど、その前に、嫁の来手がありまへん。
(ずっと以前から、嫁はん欲しいという思いだけはあります…)
嫁の来てがない最大の理由は、上述のワテの稀有な経験やろと思てます。
それでも、プロフにリンクされているサイトを端緒として、ワテの素性を調べて、嫁はん候補に名乗りを上げてくださるもの好きさんがいてくれるなら?…やっぱりいないわな…。
※2
亡命ではないし、日本国憲法下ではその必然性もない。また、国籍離脱の自由も同憲法下で保障されている。
※3
先の大震災でも、救援物資を奪い合うことなく、略奪や暴動すらない日本の民。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ここまで述べて、ふと思う…

ノンポリを装っているけど、ワテってやっぱり右なんやろね。
善人ぶってはいるけれど、ワテってやっぱり性悪(しょうわる)な奴なんですわ。
この自虐癖、今のニホンの国にソックリやね。
| 無恥無情_権力国家 | 06:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jugem.mado.chips.jp/trackback/571
トラックバック